行き交う貨物から
世界経済を
読み解く仕事

伏見 有理

Yuri Fushimi [ マーケティング部 ]

入社3年目。現在はマーケティング部に所属し、ジョイントベンチャーを担当。ANA Cargoの代表として毎月シカゴに出張し、現地との情報交換を重ねている。「若手にも大きな仕事を任せる社風があり、挑戦したい人、自分の意見を発信できる仕事をしたい人が活躍できる会社だと思う」と語る。

入社3年目。現在はマーケティング部に所属し、ジョイントベンチャーを担当。ANA Cargoの代表として毎月シカゴに出張し、現地との情報交換を重ねている。「若手にも大きな仕事を任せる社風があり、挑戦したい人、自分の意見を発信できる仕事がしたい人が活躍できる会社だと思う」と語る。

placeholder+image

あらゆるものを運ぶ物流を通じて、
幅広い産業に関われる魅力を感じた

学生時代に米国のオレゴン州に交換留学をする機会がありました。現地では車や家電など、日本製の工業製品が人気なのと同時に、現地での日本企業の販売力に驚きました。父の仕事の影響で、私もメーカーに入って日本製品を輸出する仕事に就こうと考えたこともあったのですが、どんなものでも運ぶ物流ならより広い産業に関わることができると気付き、物流に興味を持ちました。ANA Cargoを選んだのは、会社のビジョン(Global Network, Japan Quality, Innovation Pioneer)に共感したことと、海外で働く夢があったからです。工業製品だけでなく食品、薬品、そして動物など、あらゆるものを運ぶ航空物流は、世界経済を支える産業のインフラです。貨物を通じて常に世界とつながっているANA Cargoなら、海外で働くことができるのではと思い、当社を志望しました。

世界経済の動きを、行き交う貨物量から読み解くマーケティング

placeholder+image
入社1年目は、成田空港で輸出貨物の取り扱い業務に従事していました。貨物が運ばれていく現場を経験し、安全の大切さを学ぶことができたと思います。2年目から現在のマーケティング部に異動しました。ここではANA Cargoのサービスを販売する海外の営業支店と空港の調整を担当しています。実は航空物流は、世界中の祝祭日に深い関係があります。例えば欧米のクリスマスや中国の春節など、各国のイベントに合わせて空を行き交う貨物の量が大きく変化します。こうしたスケジュールをもとに貨物量を予測し、海外の各支店に配分するスペースとその値段を決めるのが仕事のひとつです。事前に輸送計画を決めるだけでなく、実際に集まった貨物についても、スペースのバランスを見ながら、輸送の調整を行っています。

入社3年目で、ユナイテッド航空とのジョイントベンチャー担当に

placeholder+image
入社3年目からは、ANA Cargoとユナイテッド航空とのジョイントベンチャーの担当になりました。最近では毎月シカゴに1人で出張し、ANA Cargoの代表として会議に出席し、情報交換を行っています。2社が協力しあうジョイントベンチャーでは、商品の値段、品質、システムなど、様々なことを話し合って決めなくてはなりません。ANA Cargoはルフトハンザ・カーゴともジョイントベンチャーを行っていますが、パートナー会社が変われば仕事の進め方は大きく変わります。ジョイントベンチャーの仕事は、新しいことの連続という印象です。 この役割に就いてまだ半年ですが、念願だった海外での仕事という喜びと同時に、責任の重さを感じています。若手社員にも大きな仕事を任せてくれる会社に貢献できるように、やりがいをもって挑戦しているところです。

「どうしたらいいのか?」を常に考えることで、積極的な姿勢を学んだ

placeholder+image
ANA Cargoに入社してからというもの、日々成長を感じています。こちらでは研修制度が充実しているので、国際貨物や物流についてゼロから学ぶことができました。様々な研修を通じて、自分が興味を感じることや伸ばしたい能力に気付く貴重なきっかけもたくさんあったと感じています。
私がいま所属しているマーケティング部では、常に上司から自分の意見を求められることが多いですね。そして自分の意見にはそれを裏付けるデータ分析や根拠を必要とされます。マーケティングの仕事を通して、様々な情報をインプットするだけでなく、自分の意見としてアウトプットする力が鍛えられました。「どうしたらいいのか?」を常に考える日々の訓練で、課題を見つけ出しそれを改善していくという、受身ではない仕事の姿勢を学ぶことができています。

海外の生きた情報を活かして、航空物流をよりよく変えていきたい

いまの目標は、海外赴任です。現在ジョイントベンチャーの担当として毎月シカゴに出張していますが、将来は長期的に現地のビジネスを育てる仕事に挑戦してみたいと考えています。具体的には新規就航する路線のオペレーション支援や、海外営業支店の統括業務として、販売戦略を練る仕事に興味があります。昔から社会を支えてきた物流には、古い商習慣が残っているところも多くありますが、仕事を通じて海外から入ってくる情報を活かして、航空物流全体をよりよく変革していくのがこれからの私の大きな目標です。
ページの先頭へ戻る