研修制度について

ANA Cargoでは、ひとりひとりの「人財」がイノベーションを起こすことが求められています。
そのためには会社が育成の機会を作り、社員自らが成長し続けることが必要です。
ANA Cargoでは、入社前から様々な研修制度を用意しています。

人事研修制度

社会人としての成長を促す機会として、人事研修を設けています。入社前、入社後年1回の研修があるほか、中堅社員研修やステージ昇格に伴う研修を用意しています。また、有志を対象とした「イノベーター育成研修」など、自らに磨きをかけたいという社員に対しては、様々なチャレンジの場を提供しているのも、ANA Cargoの特徴です。
マネジメント(管理職) 新任管理職研修
4年目以降 中堅リーダー研修
新任チャレンジステージ研修
グループ中堅社員研修
グループ若手社員研修
1〜3年目 3年目フォローアップ研修
2年目フォローアップ研修
1年目フォローアップ研修
入社前 入社前研修

部門別研修制度

航空貨物のプロフェッショナルになるために必要な知識を付与するのが、部門別研修です。入社後は全員が「国際(または国内)貨物郵便基礎訓練」を受講し、航空貨物取扱いの基礎を習得した上で、業務に従事します。また、その後の配属、人事異動に応じて営業、マーケティング、IT・システムの教育を受講し、知識を深めていきます。さらに、一部の社員は社内講師としてインストラクターになるための教育を受け、後輩育成に貢献して頂きます。

ANAグループ共通人事開発環境

ANAグループは各社が相互に連携しあうひとつのチームであり、グループ全体で事業の拡大と深化を目指しています。そのため、グループ各社の人財育成を充実させると共に、グループ共通の取り組みについても積極的に進め、グループ全体で「人づくり」を行っていきます。

グループ共通の取り組み例

  • ANAグループ合同入社式
  • グループ共通教育・研修プログラム
  • グループ会社間人事交流
ページの先頭へ戻る