国際

PRIO FRESH

保冷コンテナを使用しない
生鮮品輸送サービス

様々な生鮮品を鮮度を保ちつつ、豊富なネットワークで世界各都市へ届ける

  • 日光や温度変化に弱い
    生鮮品をケアした作業
  • 要件に合わせて
    必要な機能選択が可能
  • IATA CEIV Fresh認証
    を取得

PRIO FRESHの3つのポイント

生鮮特別
ハンドリングの実施

1 直射日光を極力避けた上屋ハンドリングと日光に当たる時間を極力減らしたRAMPハンドリングを実施します。
2 発地、経由地、着地空港での保冷蔵置(*1)
3 発地での優先搭載、着地での上屋への優先搬送、イレギュラー時のバックアップ対応。(*2)
*1 空港設備等での条件があるため、詳しくは営業担当にお問い合わせください。
*2 ご予約いただいた便への貨物搭載を保証します。天候事由等で当該予約便に搭載できない場合も最優先にて代替便をご提案いたします。

お客様の要望に応じて、
以下のオプションの中からお選びいただけます

オプション①:サーマルブランケットを使用した航空輸送
オプション②:ロードフィーダーでの保冷トラック輸送
オプション③:トレーサビリティ情報
*温度調整コンテナを使用したい場合は、PRIO TEMPをご利用ください。https://www.anacargo.jp/ja/int/service/cool.html

IATA CEIV FRESH 認証を
取得しました

ANAは日本の航空会社として初めてIATA CEIV FRESH 認証を羽田空港にて取得しました

PRIO FRESHのハンドリング

お客様の大切な貨物を、受託から到着後の引き渡しまで全ての工程にて大切に取り扱います。

  1. 受託
    積み付け開始時間まで希望温度帯の保冷庫への蔵置を実施いたします。
  2. 積付
    直射日光・外気を極力避けた環境で積み付けを行います。
    ご希望に応じてULDへサーマルブランケット取付を行います。
  3. 搬送
    積み付け/搬送から航空機搭載まで、直射日光を浴びることを最小限にとどめます。
  4. 出発
  5. 到着
  6. 搬送
    航空機からの取り降ろし後、上屋への優先搬送を実施いたします。
  7. 解体
    直射日光・外気を極力避けた環境での解体を行います。
    お引き取りまでに時間を要する場合は、指定された温度帯で蔵置を行います。
    (*空港設備等での条件があり。)
  8. 引渡

PRIO FRESHのハンドリングを動画で紹介します

日本国内空港間におけるロードフィーダーサービス

  1. A空港
    オプションサービスとして常温トラックから保冷トラックへの切り替え。
    空港間を保冷輸送します。
  2. B空港

ご利用の流れ

【荷主の皆さま】貨物輸送のご予約につきましては、各フォワーダー(航空貨物代理店)に直接お問い合わせください。

  • 予約

    予約
  • 受託

    受託
  • 引き渡し

    引き渡し

対象品目・制限

対象品目・制限

対象品目
生鮮品
重量・サイズ制限
なし* *航空機の貨物室に搭載できるサイズ・重量を限度とします。実際に利用できるスペースは予約時
にご確認ください。
上屋施設
蔵置可能な温度帯:2~8℃、-5℃、-15℃
空港により諸条件が異なるため、各空港の上屋施設をご確認ください。⇒
https://www.anacargo.jp/ja/int/location/

対象路線・運賃

対象路線
ANAグループ運航便(Peach、Air Japan便は対象外)
*日本発を対象
※空港により輸送制限があるため、営業担当までお問い合わせいただくか、「Embargo」をご確認ください。
https://www.anacargo.jp/ja/int/regulations/embargo.html
運賃
キャリア運賃~優先搭載貨物賃率を適用します。

必要書類・ラベル

PRIO FRESHをお申し込みの際は、以下の書類をご用意ください。

AWB
通常のAWBをご使用ください。
AWB作成に際しては下記の点にご注意ください。
ACCOUNTING INFORMATION欄に必ず「PRIO FRESH」と記載(記載がない場合は「PRIO
FRESH」としてお取扱いができません)。
Handling Information欄へ「PERISHABLE」、COL・FROなどの希望蔵置温度帯を記載。
Handling Information欄にはご利用されるオプションの記載。
ラベル ⇒貨物へのラベル添付は不要

添付用の専用ラベルはこちらからダウンロードください。

お客さまサポート

航空輸送に関する疑問や悩みを、すばやく丁寧に
わかり易く解決することができます。

各種ご意見、ご要望、ご質問、また輸送でお悩
みのお客様はお気軽にご相談ください。