梱包

はじめに

航空貨物輸送に適していない梱包の場合、お客様の大切な貨物への破損や濡損・変質、
航空機への損害など、様々な悪影響を及ぼす可能性がございます。
積み付けを含む通常の航空輸送に十分に耐え得る梱包が必要となります。
受託時に輸送に耐えうる梱包となっているか確認をさせていただき、そのような梱包がされていない場合は受託をお断りさせていただく場合もございますので、予めご了承ください。

不適切な梱包例

バラ搭載の特性

ANAグループが所有する機材の中には、航空コンテナを搭載することができない機材がございます。
主にB737型機やボンバルディアDHC8-Q400型機がその対象となります。
特徴としては以下の通りです。

  1. 航空機への積み込み・取り卸しは手作業となります。
  2. 他の貨物・手荷物とを仕切る隔壁はなく、一緒に積み込まれます。
  3. 貨物と機体構造(壁・天井)とは 数センチの空間を設けるため、移動する可能性があります。
  4. 貨物を厳密に固定することができませんので、滑走、着陸、旋回時に移動する可能性があります。

このような特徴を持つ機材もANAグループとして所有している為、このような環境や状態に耐え得る梱包をお客様ご自身で行っていただくようご協力をお願いします。

その他

航空貨物に必要な梱包に関する情報は下記からもお調べいただけます。

※BIAC(国際航空貨物航空会社委員会)http://www.biac-japan.com/へのリンク(別サイトにアクセスします)

詳細及びご不明な点などがございましたら、最寄の国内空港カウンターまでお問い合わせください。