国内貨物 キャンセルチャージ課金対象変更 および 2017年度上期対象便について

運賃

2017年03月01日

平素よりANAグループをご利用いただき誠にありがとうございます。
ANAでは、空予約によるスペース占有の防止を推進し、お客様の利便性の向上を図るべく、下記の通り変更いたしますので、ご理解、ご協力を賜りますよう、お願い申しあげます。

1. 変更内容

1. 2017年7月1日(搭載分)より変更
・ キャンセルチャージの課金対象 販売区分の変更
現行の販売区分「予約」に加え、販売区分「アロット」を対象といたします。
販売区分 (変更前) 販売区分 (変更後)
予約のみ 予約 および アロット

※上記区分の「対象便におけるコンテナ単位予約 (現行と変更なし)」を対象といたします。

2. 2017年4月1日(搭載分)より変更
① キャンセルチャージの適用基準時刻(手仕舞い時刻)の後ろ倒し
現行の便出発前日13時から、便出発当日0時へ後ろ倒しいたします。
手仕舞い時刻 (変更前) 手仕舞い時刻 (変更後)
便出発 前日13時 便出発 当日0時
② キャンセルチャージ金額の一部見直し
適用基準時刻(手仕舞い時刻)後でも、予約をキャンセルいただいた場合には、チャージ金額を一部減額いたします。
チャージ額 (変更前) チャージ額 (変更後)
ミニマムチャージと同額 便出発当日0時~出発90分前 :ミニマムチャージの半額
便出発90分前以降および搬入なし :ミニマムチャージと同額
③ キャンセルチャージ適用除外日の設定
一部の日において、キャンセルチャージの適用除外日を設定いたします。
適用除外日 (変更前) 適用除外日 (変更後)
なし 別紙1を参照ください
④ キャンセルチャージ対象便 (2017年4月1日~9月30日 )
別紙2参照ください。

2. その他

  • 手仕舞い時刻後には、予約全体のキャンセルおよび未搬入に加え、予約コンテナ台数減についても1台単位でチャージが発生いたします。
  • 国内貨物運送約款 第5章 第26条に定めるやむをえない事由および当社都合により、取り消しおよび未搬入となった予約については、キャンセルチャージは発生いたしません。
  • 請求方法など、その他の条件や手続き等については、現行と変更ありません。

3. 注意点

  • 販売区分「予約」および「アロット」で確保されたスペースは、下記の項目が同一のAWBの搬入を確認し、消化されたかどうかを判断いたします。
    販売区分「予約」: 品目明細コード、台数、コンテナタイプ
    販売区分「アロット」: 販売区分、台数、コンテナタイプ
    (券面確定後の品目コードの変更は原則受け付けられません。)
    販売区分「予約」について予約品目と異なる品目で貨物が搬入された場合や、販売区分
    「アロット」について異なる販売区分で貨物が搬入された場合には、実際に貨物が搭載されてもキャンセルチャージを課金いたしますので、ご注意ください。

別紙1: 国内貨物キャンセルチャージ適用対象除外日カレンダー(2017年4月1日~9月30日)

別紙2: 国内貨物キャンセルチャージ課金対象便一覧(2017年4月~9月)

以上