貨物便におけるリチウムイオン及びメタル電池単体(UN3480及び3090/包装基準965及び968)の取り扱いについて

国際 輸送制限

2015年07月30日

 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素はANAグループをご利用頂き、誠にありがとうございます。
 さて、貨物便におけるリチウムイオン及びメタル電池単体(UN3480及び3090/包装基準965及び968)の取扱いについて、下記のとおり取扱いを変更させて頂きます。
 今後とも一層のサービスの向上を図って参りますので、皆様方のより多くのご愛顧賜ります様、お願い申し上げます。

1.運用開始日

2015年8月3日運航便より

2.対象便

ANA運航の貨物便全て

3.対象貨物

Section IA/IB, SectionⅡを含む全てのリチウムイオン電池単体 (UN3480/PI965)
Section IA/IB, SectionⅡを含む全てのリチウムメタル電池単体 (UN3090/PI968)

*但し、以下には適用しない。
・包装基準966および967に従ったリチウムイオン電池 (UN3481)
・包装基準969および970に従ったリチウムメタル電池 (UN3091)

4.運用方法

国内貨物については、受託不可とします。
国際貨物についても、原則、受託不可と致しますが、下記の要件を満たすことで、受託可能と致します。

受託要件
1.IATA危険物規則書に定められた要件を満たしていること
2.UN3480 SectionⅡ/UN3090 SectionⅡの場合、リチウム電池が含まれるHAWB番号および包装物の個数と包装物当たりの正味量をAWBに記載すること(別添【1】参照)
3.UN3480・UN3090のSection IBおよびSection Ⅱについては、IATA危険物規則書に定められた落下試験に合格したことを証明できる書類のAWBへの添付(別添【2】参照)
4.当該貨物と引火性液体(RFL)を同梱しないこと
5.LOOSE単位での搬入(ULDに積み付けられた状態での受託不可)
6.出発時刻の5時間前搬入

その他
・UN3480 及びUN3090 が含まれる貨物である旨、必ず予約時にお知らせ願います。
・UN3480/UN3090 Section Ⅱについても個別受託チェックを実施致します。(弊社にて実施)

5.その他

現在、当該運用における貨物受託手続きの準備を進めておりますが、空港によって取扱いできる状況が異なりますので、詳しくは弊社WEBサイトまたは、営業担当へご確認願います。
別添:受託空港リスト(8月21日更新)

別添【1】:Attachment
別添【2】:Packing confirmation sheet

以上