企業情報

Global Stageにおいて
Innovationを実現し、
国際物流の
一翼を担います。

  • Global Networkフレイター&ANAグループの旅客機ネットワークを最大限に活かし、世界中のお客様から選ばれる
    存在になります。
  • Japan Quality品質面で安心感や信頼感を提供し、世界中のお客様から愛される存在になります。
  • Innovation Pioneer常に先駆者として革新的な発想で事業を行い、世界中のお客様に豊かな未来を届ける存在になります。

メッセージ

当社はANAグループの貨物事業の中核会社として2014年に営業を開始、貨物事業戦略の立案・輸送商品やソリューションの開発・セールス・空港オペレーションを担っています。

大型貨物専用機・ボーイング777F型機 2機および中型貨物専用機・ボーイング767F型機 9機を運航し、半導体製造装置や完成車などの貨物専用機でしか運べない商材を、北米・欧州・アジアの主要都市へ安心・安全に輸送しています。また、ANAの豊富な国際線・国内線旅客便ネットワークを活用し、世界中の都市へスピーディな輸送を実現しています。貨物機と旅客機の両方を活用したコンビネーション・キャリアとして、多様化するお客様のニーズにお応えすることが可能となっております。

長引く新型コロナウイルスの感染拡大により、引き続き経済活動に大きな影響を及ぼしています。激変する環境の中で、当社は「社会の動脈である物流を止めない」という思いで航空貨物輸送に取り組んでいます。新型コロナウイルスワクチンをはじめとする医薬品や医療機器の緊急輸送、様々な産業のお客様のサプライチェーン維持に対応するため、本日も世界中を飛びまわり、人々の暮らしや企業活動を支え社会に貢献していきます。

近年、物流業界においても「デジタル化」が加速しています。当社でもDX(デジタル・トランスフォーメーション)推進を掲げ、最新のデジタル技術を積極的に活用し、利便性をより向上させるとともに効率化を図り、お客様に選ばれ続けるサービスを目指し取り組んでまいります。 また、DXとともに重要なテーマである「脱炭素・環境負荷低減」に、未来を見据えて取り組みを開始しています。CO2排出量を抑えることができる航空燃料のSAF(Sustainable Aviation Fuel)の活用推進や、環境に配慮した輸送資材の利用やリサイクル等を進めていきます。

新たな取り組みに挑戦し、安全で高品質なサービスを提供することで、グループ経営ビジョンであるお客様満足と価値創造で世界のリーディングエアライングループを目指してまいります。

新型コロナウイルスの感染拡大はまだまだ収束する気配が見えません。皆様及び皆様のご家族のご健康を心よりお祈り申し上げます。
これからも、ANA Cargoへのご支援・ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社ANA Cargo代表取締役社長外山俊明外山俊明

選ばれる、航空物流へ

国際物流の世界に、新しい価値とイノベーションをもたらす存在であり続けたい。

ANA Cargoは、貨物便・旅客便ネットワークをあわせ持つコンビネーションキャリアとして、お客様のニーズに迅速に対応できる体制を整え、安定した輸送サービスを実現しています。
また、今後は中長期的に需要拡大が期待されるアジア=北米間において旺盛な物量をカバーするために「ボーイング777フレイター」を導入しました。豊富な機材と商品ラインナップであらゆる貨物に対応し、革新的なサービスをご提供いたします。
ANA Cargoは、この安定した航空物流インフラと物流機能で、今後Global Top5のキャリアへと成長すべく、日々進化いたします。

グローバルに広がるネットワークを
活用した3つの事業

ANA Cargoは、フレイターおよび ANAグループの旅客機ネットワークを活用し、
国際物流に貢献する3つの事業を展開しています。

ANA Cargo Inc. お客様のニーズが私たちのサービスを進化させる エアラインセールス 国境を超えて世界に広がり続ける日本品質 ウェアハウスオペレーション 物流戦略の新しいプロフェッショナル集団へ ソリューションANA Cargo Inc. お客様のニーズが私たちのサービスを進化させる エアラインセールス 国境を超えて世界に広がり続ける日本品質 ウェアハウスオペレーション 物流戦略の新しいプロフェッショナル集団へ ソリューション

さらに詳しい情報はANA Cargoの商品・サービスページへ

イノベーションを
実現する取り組み

世界初のジョイントベンチャー始動

ジョイント・ベンジャー説明 ジョイント・ベンジャー説明

航空会社間の貨物共同事業「ジョイントベンチャー」を、2014年にルフトハンザカーゴと、2016年にはユナイテッドカーゴと開始しました。相互に接続することで最適なルートや貨物スペースの提供が可能となり、より多くの仕向地へのスムーズな輸送が可能となりました。早さ・柔軟性においてお客さまに多くのメリットを生み出します。

ANA ジョイント・ベンチャーについて

サステナビリティ

持続可能な社会の実現と企業価値向上を目指し、「環境(Environment)」、「社会(Social)」、「ガバナンス(Governance)」に配慮したESG経営を推進しています。
「ANA Future Promise」のスローガンのもと、お客様のご理解やご協力をいただきながらANAグループとしての一体感のある取り組みに発展させ、SDGsの達成を目指します。

サステナビリティについて

ANAグループのグローバルショッピングサイト

OCSファミリーリンクサービスでは、海外ではなかなか入手できない、日本の高品質な商品を数多く取り揃えております。梱包や面倒な書類作成・発送手配まですべてOCSが行いますので、簡単に安心してご利用いただけます。
海外にお住まいの皆様が快適で安心な生活ができるよう、ANAグループのOCSがサポートいたします。

OCS Family Link Service

会社概要

社名: 株式会社ANA Cargo /
ANA Cargo Inc.
株主: ANAホールディングス株式会社(100%)
設立: 2013年10月1日
営業開始: 2014年4月1日
本社所在地: 東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター

株式会社ANA CargoおよびANAグループ貨物事業の沿革

主な出来事
1953年 12月 全日本空輸株式会社が郵便輸送を開始
1987年~1990年 ANAグループ貨物事業関連4社が設立
(ANAデリバリー、ANAキャリングサービス、関西航空貨物ターミナルサービス、エアカーゴターミナルサービス)
2001年 7月 ANAが中型貨物専用機導入を発表
2001年 11月 ANAロジスティクサービス株式会社設立
2002年 3月 ANAロジスティクサービス株式会社営業開始
2002年 8月 国土交通省よりB767-300F型機の国際線貨物郵便事業計画認可を取得
2002年~2003年 ANAロジスティクサービス株式会社が上記4社と合併
2002年 9月 日本の航空会社として初めてB767-300F型貨物専用機を就航
2006年 4月 アシアナ航空と相互の貨物便においてコードシェアを開始
2008年 6月 世界で初めて貨物専用機B767-300BCFを受領 (自社所有旅客機B767-300を改造した機体)
2009年 3月 OCSがANAグループとなる
2009年 10月 ANA沖縄貨物ハブ運用開始
2011年 2月 国際貨物の24時間対応web予約を本格スタート
2013年 10月 株式会社ANA Cargo設立
2014年 4月 ANAロジスティクサービス株式会社と全日本空輸株式会社の貨物事業室が事業統合し、株式会社ANA Cargoが営業開始
2014年 12月 ルフトハンザカーゴAGと世界初の貨物ジョイントベンチャー(共同事業)開始
2016年 7月 ユナイテッド航空と貨物ジョイントベンチャー開始
2017年 4月 国際貨物予約システム刷新「eSPICA」始動
2017年 11月 日本の航空会社として初めて医薬品輸送品質認証「IATA CEIV Pharma」取得
2018年 10月 日本の航空会社として初めて世界標準のドアツードアの航空輸送プロセスを定義した航空貨物の輸送計画と、その効果を測定する「Cargo iQ」に加盟
2019年 7月 日本の航空会社として初めてB777-200F型機を導入
2020年 11月 Peach Aviation と貨物コードシェア開始
2021年 2月 国内貨物予約ポータルサイト刷新「ANA FLY CARGO!」始動