IATA危険物規則書 運航者例外規定 NH-04の制限緩和について(危険物を含む混載貨物の制限撤廃)

輸送制限

2011年02月07日

平素よりANAをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
標題の件、2011年2月15日(火)よりIATA危険物規則書に現在反映されている運航者例外規定NH-04(混載貨物の受託要件)について、危険物を含む混載貨物受託の制限を撤廃することと致しますので、お知らせいたします。

今後とも一層のサービス向上を図って参りますので、皆様方のより多くのご愛顧を賜ります様、お願い申し上げます。

1. 適用開始日 : 2011年2月15日(火)の航空貨物運送状発行分より適用
2. 対象 : ANAグループ国際線運航便/国際貨物
3. 変更点 : IATA危険物規則書 運航者例外規定NH-04
【現行】混載に含まれた危険物は、以下の貨物を除き受託しない。
●1マスターの航空貨物運送状に1ハウスの航空貨物運送状が付いた混載
●冷却材として使用されるUN1845、固形二酸化炭素(ドライアイス)を含む混載
●微量危険物および/または放射性物質、適用除外輸送物を含む混載
●UN3373(生物由来物質カテゴリーB)を含む混載

【改定後】全て撤回
4. ご依頼事項 :
制限の撤廃に伴い、危険物貨物の搬入時間の厳守および貨物と書類の同時搬入を改めてお願い致します。所定の時間までに、搬入頂けない場合には、搭載を見合わせて頂きますので、ご了承願います。
(受託締切時間については、各販売課または、各空港までお問い合わせ下さい)
5. その他 :

1)一部ハウス貨物に不備があった場合でも、マスター単位で全量オフロードとなる可能性がございますので、ご了承願います。

2)本内容はIATA危険物委員会事務局に通知済みで、IATA DGR 52版のAddendumもしくは、IATA DGR 53版より反映予定。

以上