デュッセルドルフ線、およびバンクーバー線就航に伴う貨物の事前情報提出について

お知らせ

2014年03月25日

拝啓 平素よりANAをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
さて、弊社では2014年3月30日より、成田‐デュッセルドルフ線、羽田-バンクーバー線、および羽田-ハノイ線への新規就航を予定しており、これらの路線におきまして貨物の取扱いを開始致します。
貨物の取扱いを開始するにあたり、デュッセルドルフ、およびバンクーバーにおきましては、それぞれEU税関、カナダ税関により航空機に搭載される貨物マニフェスト情報の事前提出が義務化されておりますことから、弊社の対応について下記の通りご案内申し上げます。
当該制度におきましては、航空機がデュッセルドルフ、またはバンクーバーに到着する4時間前までに貨物情報(マスター情報、ハウス情報)を電子的に各税関まで提出することが求められております。
当該制度に適切に対応するために、弊社ではお客様よりマスター情報、およびハウス情報(混載貨物の場合)をご提供頂くことが必要となることから、お客様のご理解とご協力を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
なお、EU税関への対応の詳細につきましては、これまでご案内をしております内容から変更点はございません。


今後とも一層のサービスの向上を図って参りますので、皆様方のより多くのご愛顧を賜ります様、お願い申し上げます。

敬具

1. 開始日
2014年3月30日(日)搭載貨物より
2. 対象便
NH941(NRT-DUS)、NH116(HND-YVR)
3. マニフェスト情報の事前提出方法、および手数料について
  1. (1)Master Air Waybill(MAWB)情報、及びHouse Air Waybill(HAWB)情報(混載貨物の場合)ともに以下の[1]、[2]いずれかの方法にて、弊社空港部門へご提出頂きますようお願い致します。

    [1] 別添指示書に必要事項を記入し、書面(MAWB、必要情報が記載されたHouse Manifest等)に添付のうえ提出

    [2] または、CCS等のベンダー経由で電子送信頂くことも可能(注1)

    (注 1) 電子送信頂く場合につきましても、不測の事態へのスムーズな対応を行う為に『Shipper 様/ Consignee様のName、Addressが記載されたHouse Manifest』をMAWBに添付頂きますようお願い致します。

  2. (2)HAWB情報入力・送信代行手数料につきまして、以下の通り申し受け致します。
    DUS、YVR向け便に搭載する貨物については、2014年3月30日搭載貨物より以下の料金を申し受けます。
  HAWBデータの提出方法 HAWB一件
あたりの料金
Other Charge欄
記載コード
[1] 書面にて空港部門にご提出頂く 500円 CC
[2] CCS等のベンダー経由で電子送信頂く 150円 CG

*料金は前払い・着払いともに可能ですが、運賃(Weight Charge)のお支払いと同一の方法にてお支払い頂きますようお願いします。

4. 情報をご提出頂けない場合の対応について
所定の時間までに正確な情報を頂けない場合、搭載を見合わせて頂くこともございますので、ご了承願います。
5. 情報の提出方法と提出期限について
(1)HAWB情報の提出期限
  HAWB情報ご提出方法 提出期限
[1] 書面にて空港部門にご提出頂く(注 2) 便出発の3時間前まで
[2] CCS等のベンダー経由で電子送信頂く Air Waybill搬入前(注 3)まで
(注 2) ご提出の際には、『海外税関向けHouse Air Waybill情報入力指示書』を添付のうえご提出ください。
(注 3) Air Waybill搬入締切時間
PRIO EXPRESS :便出発の1時間前まで
PRIO EXPRESS以外の貨物:便出発の2時間前まで
(2)情報の訂正を必要とする場合
電子送信頂いた情報につきましても対象便出発の1時間前までに書面にて再提出頂いた場合にのみ訂正を受付致します。
(3)MAWBおよびHouse Manifestの記載方法
1)Shipper/ Consignee情報
ストレート貨物の場合には、MAWB上に実Shipper/ Consigneeの正確なName, Address, ZIP/Postal Codeをご記載下さい。又、混載貨物の場合には、House Manifest上に実Shipper/ ConsigneeのName, Address, ZIP/Postal Codeを正確にご記載ください。
2)品名表記
混載貨物の場合には、MAWB上の"Nature and Quantity of Goods"欄に CONSOLIDATED SHIPMENT AS PER ATTACHED MANIFEST と記入し、H/MFST上には正確な品名をご記載下さい。尚、ストレート貨物の場合には、MAWB上に正確な品名をご記載ください。
3)個数表記
混載貨物、ストレート貨物ともに、SLAC個数がある場合には、MAWB、H/MFSTの"Nature and Quantity of Goods"欄、又は"NO. of Pieces"欄等に実個数と併せてご記載ください。
4)Handling Information欄への表記
DUS向けにつきましては、お客様が自らHAWB情報をEU税関に送信される場合、弊社へのHAWB情報のご提出は必要ありません。但し、情報送信者であることの確認のために、「EORI Number」「MRN(Movement Reference Number)」をMAWB/HAWBのHandling Information欄に記載願います。
(4)FHL/ FWBメッセージの内容について
1)Shipper/ Consignee情報
ストレート貨物の場合には、FWBにて実Shipper/ Consigneeの正確なName, Address Country, ZIP/Postal Codeを登録のうえ、ご送信下さい。又、混載貨物の場合には、FHLにて実Shipper/ Consigneeの正確なName, Address, Country, ZIP/Postal Codeを登録のうえ、ご送信ください。
2)品名表記
FWB:"Nature and Quantity of goods"欄に、混載貨物の場合には"CONSOLIDATION"、ストレート貨物の場合には正確な品名をご登録ください。
FHL:"Nature and Quantity of goods"欄には15文字以内という制限がある為、正式品目名が15文字以上の場合には、15文字まで"Nature and Quantity of goods"欄にご登録頂き、"Free Text Description of Goods"欄に"TXT/"に続けて、正式品目名を完全にご登録ください。
3)個数表記
FWB/FHL共に、実個数とSLAC個数をご送信下さい。FHLにおいては、FHL/バージョン2以下の場合は、SLAC個数のみ。FHL/バージョン3以上の場合には実個数とSLAC個数をご登録ください。
6. Shipper Build-up ULDの取扱いについて
混載貨物を複数のULDに積み付けをして搬入される場合は、ULD毎のHAWB情報(HAWB単位の積み付け情報)の提出をお願い致します。又、MAWBならびにFWBメッセージには必ず実個数(INNER PCS)を記載して頂くようお願い致します。
7. HAWB情報の守秘義務について
弊社はお客様からご提出頂いたHAWB情報の内容について輸送目的以外にこれを使用することは一切ございません。又、当局から指示があった場合を除き、当局を含む外部へこれらを開示することはございません。
8. 免責について
EU税関、またはカナダ税関より弊社に対して罰則の適用などが発生した場合、状況、原因を調査したうえで、お客様に過失が認められる場合には、弊社より運送約款、民法の規定に基づき、損害賠償請求をさせて頂きますことをご了承ください。
9. その他
当局指示により当該制度に変更、追加等ある場合については、改めてご案内申し上げます。

別添 海外税関向けHouse Air Waybill情報入力指示書

以上