国際

PRIO IB
Fixed Temp.

新商品

16ℓ小口貨物、
100時間定温輸送。

ITE社開発の保冷剤「アイスバッテリー®」により、
定温で長時間の航空貨物輸送を
小口から実現。

  • 100時間以上の
    長時間定温管理

    ※ 外気温など、諸条件により
    異なります。

  • コンテナから
    小口までOK
  • 3つの温度帯から
    選択可能

PRIO IBの3つのポイント

100時間だから受託から引渡しまで
安心の定温輸送を実現しました

ドライアイスを使う従来の貨物保冷輸送では、一定の温度帯を保つためには様々な課題がありました。
PRIO IBでは、ITE社 が提供する保冷剤、アイスバッテリー®を使用することにより、指定した温度を、長時間(例えば2~8℃の場合、100 時間以上)維持することが可能です。
これまで温度管理が難しいという理由で諦めていた生鮮食品、医薬品、半導体素材などの長時間輸送も、PRIO IBなら実現できます。
ドライアイスを使用しないため安全性がより高く、二酸化炭素を排出しないことから環境負荷を抑えられるというメリットもあります。

長時間の定温輸送を可能にした「アイスバッテリー®」

アイスバッテリー®は(株)ITEが物流用途に開発した技術で、以下の特長を有しています。

アイスバッテリーの特長●一定温度:外気温が 30℃以上でも、庫内は指定温度範囲で一定に保持。
●長時間:最長で 120 時間以上の温度保持。
●省エネ:輸送中の電力供給が不要。
●CO2 削減:ドライアイスを使用しないので大幅な CO2削減が可能。

コンテナサイズの大口貨物から
ボックスサイズの小口貨物まで
幅広く対応可能です

「PRIO IB」は、大口貨物用のLD3コンテナに加え、 BOX型として、16リットル・64リットルをご用意しているため、少量・小サイズ等で諦めていた小口貨物の定温 輸送も可能となりました。

3つの温度帯から
輸送温度帯をご指定いただけます

2℃~8℃ -20℃~-15℃ -25℃~-20℃

貨物の種類に合わせ、下記3つの温度帯から最適な輸送温度帯をご指定いただけます。

ご利用可能な温度帯

  • 2℃ ~ 8℃ / 生鮮食品向き、医薬品
  • -20℃ ~ -15℃ / 冷凍品向き
  • -25℃ ~ -20℃ / 深温冷凍品向き
  • ※LD3コンテナについては「2℃~8℃」のみ選択可能となります。

その他の特徴

搭載保証

ご予約いただいた便への貨物搭載を保証します。天候事由等で当該便に重量制限が発生しても確実に搭載いたします。

コンテナ内温度データを提供可能

コンテナ内に設置したデータロガーにより輸送中の温度を記録します。お客さまのご希望により温度データをご提供します。

ご利用の流れ

【荷主の皆さま】貨物輸送のご予約につきましては、各フォワーダー(航空貨物代理店)に直接お問い合わせください。

予約 日本発:便出発日の3営業日前(土日祝日を除く)まで予約を承ります。
海外発:便出発日の5営業日前(土日祝日を除く)まで予約を承ります。
受託 出発予定時刻の120分前まで受託可能です。
引き渡し 実到着時刻から120~180分以内にAWB、書類引き渡し、貨物を税関申告できる状態にします。
コンテナリース期間 リース不可(空港間輸送に限定)
  • 予約時に設定温度、搬入時間及び引渡し時間等をお知らせください。
  • 便到着時間が税関執務時間外にあたる場合、規定時間内の引き渡しができない場合があります。
  • 時間は各到着空港のサービススタンダードに準じます。

対象品目・路線

対象品目・制限

対象品目 厳密な温度管理を必要とする生鮮食品、冷凍品、化学品、医薬品、検体等様々な品目
受託できない品目 貨物専用機(CAO)のみに搭載が認められる危険品貨物は受託不可。
しかし以下は受託可能とする。
  • 包装等級Ⅲの引火性液体(第3分類)で、第8分類の副次危険性がないもの
  • 毒物(区分6.1)で、第3分類以外の副次危険性がないもの
  • 病毒を移しやすい物質(区分6.2)
  • 放射性物質(第7分類)
  • その他の有害物件(第9分類)
  • IATA DGR9.1.4に該当する貨物
重量・サイズ制限 PRIO IB専用コンテナ及びBOXに搭載できる重量・サイズを限度とします。
温度帯 2℃~8℃
-20℃~-15℃
-25℃~-20℃
  • LD3コンテナタイプは、2℃~8℃のみとなります。

対象品目・運賃

対象路線 ANAグループ運航便
(コンテナサイズの場合はエアバス320型機及びボーイング737型機を除く)
運賃 ANAキャリア運賃

必要書類・ラベル

PRIO IB をお申し込みの際は、以下の書類をご用意ください。

AWB(∗Air Waybill) 通常のAWBをご使用ください。
AWB作成に際しては下記の点にご注意ください。
  • ACCOUNTING INFORMATION欄に必ず「PRIO IB」と記載(記載がない場合には「PRIO IB」として取り扱いません)。
  • CONSIGNEE欄に必ず荷受人様の電話番号(またはFAX番号)及び担当者名を記載。
ラベル 通常のラベルに加えて、PRIO IB 専用ラベルを貨物に貼付してください。

PRIO IB をお申し込みの際は、以下の書類をご用意ください。

添付用の専用ラベルはこちらからダウンロードください。

サービスについてのご質問やご要望、お気軽にお問合せください。

お客さまサポート

航空輸送に関する疑問や悩みを、すばやく丁寧に
わかり易く解決することができます。

各種ご意見、ご要望、ご質問、また輸送でお悩
みのお客様はお気軽にご相談ください。